効果的なリフォームの方法~快適な生活を実現する~

水回りの劣化

水回りは劣化しやすいので、キッチンなどをリフォームすることは多いです。しかし、キッチンをリフォームする場合は、仕上げ材に関する規制があるので、注意が必要になってきます。 キッチンなどの火をよく使う部屋には、壁や天井に燃えにくい素材のものを使用しなければならないと言う法規制が存在します。ステンレスやタイル、珪藻土などの法律で定められた不燃材で仕上げないといけません。自分が気に入ったクロスをキッチンの壁に使いたくても、不燃材に認定されていないものは使うことができません。 但し、平屋の場合は上に部屋が無いので、仕上げ材の規制はありません。また、2階以上の最上階にキッチンがある場合も、対象外となっています。

リフォーム工事を行うと、ホコリや騒音が発生しますし、職人などの出入りも頻繁になります。住みながらのリフォームでは、プライバシーが保ちにくくなります。大きな規模のリフォームをするなら、仮住まいに移ることです。工事期間が2週間以上になる場合は、仮住まいへ移ると言う人が多いです。2週間以内のリフォームであっても、トイレや浴室やキッチンなどの水回りをリフォームする場合は、ウィークリーマンションを利用すると便利です。 マンションのリフォームなら、工事期間中は同じマンションの空き部屋を利用すると言う方法もあります。空き部屋が無いといけませんが、この方法なら引越しもすぐにできるうえに、現場の確認も容易になります。